ここから本文です

ZMP、車載開発向けプラットフォーム DRIVE PX2 の取扱開始…周囲の状況を把握

レスポンス 9月1日(木)8時45分配信

ZMPは8月31日、NVIDIA社の最新のGPUアーキテクチャを搭載した車載開発向けプラットフォーム「DRIVE PX2」の取り扱いを開始した。

[関連写真]

DRIVE PX2は、NVIDIA社の最新モバイルプロセッサ「Parker」をベースとしたGPU搭載のTegraを2基、「Pascal」アーキテクチャをベースとしたGPUを2基搭載した車載向けプラットフォーム。12個のカメラ、LIDAR、レーダ、超音波センサなどの処理が可能だ。

建機・農機・物流機械・移動ロボットなどの自動走行や走行支援のためには、様々なセンサを組み合わせ、走行時に周囲の状況を把握する必要がある。ZMPでは、このようなニーズを持つユーザーへ、例えば同社のステレオカメラ RoboVision2 と DRIVE PX2 を組み合わせ、周辺環境を認識するシステムの提案を開始する。

DRIVE PX2 および RoboVision2 については、8月31日から9月2日にベルサール六本木で開催される「ZMP フォーラム2016」にて紹介する。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9月1日(木)8時45分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]