ここから本文です

まぐまぐ、クリエイターと読者をつなぐコンテンツプラットフォーム「mine」リリース

MarkeZine 9/1(木) 12:20配信

まぐまぐ、クリエイターと読者をつなぐコンテンツプラットフォーム「mine」リリース

画像

 まぐまぐは、9月1日、クリエイターと読者をつなぐコンテンツプラットフォーム「mine(マイン)」をリリースした。ローンチ時点で、椎名誠、石田衣良、中村修二、伊藤洋一、テレビ東京「カンブリア宮殿」といった第一線クリエイターが参画している(一部抜粋/敬称略)。

 「mine」は、特定の分野で広く深い情報・見識を持ったクリエイターが簡単にコンテンツを作成・投稿し、自身のコンテンツを単発で販売することができるサービス。同社が運営するニュースメディアやメールマガジンサービス「まぐまぐ! 」を通して培ってきたネットワークや知見を積極的に活用し、新たな読者を開拓していく。まずはインターネット上で単発のコンテンツ掲載・販売をテスト的に実施し、その反響を踏まえて書籍出版に繋げていく。来月には読者向けアプリ(iOSとAndroid)の提供を控えており、年内には月額課金の開始や、特定分野に絞った「記事まとめ」の仕組みを提供する予定だ。

最終更新:9/1(木) 12:20

MarkeZine

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]