ここから本文です

なんて読む? 日本の珍地名「重蘭窮」

ITmedia LifeStyle 9月1日(木)6時10分配信

 所在地は北海道釧路郡釧路町・仙鳳趾村(せんぽうしむら)。かつてアイヌ民族が多く生活していたことから、珍地名が多いことで有名な北海道。村の名前からして読みづらいですが、重蘭窮は「ちぷらんけうし」と読みます。

【正解はこう読みます】

 海沿いに位置しているこの地域。歴史的には、山で船を作り、重蘭窮にて船を海へ下ろしていた過去があります。そのことがあってからか、アイヌ語で「チプ=船」「ランケ=~を下ろす」「ウシ=~する所」で、「チプランケウシ(船を下ろす所)」という名になったようです。小さな地域で、コンビニやガソリンスタンドはありません。

 北海道の珍地名巡りにはぜひ立ち寄ってみたい地域ですね。

最終更新:9月1日(木)6時10分

ITmedia LifeStyle

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。