ここから本文です

五輪から復帰戦の大山志保、シードへの障壁は“試合数”

ゴルフ情報ALBA.Net 9月1日(木)17時11分配信

<ゴルフ5レディス 事前情報◇1日◇ゴルフ5カントリー美唄コース (6,364ヤード・パー72)>

大山、リオではコースでワニの撮影にチャレンジ

 明日2日(金)より開幕する「ゴルフ5レディス」で日本ツアーに復帰する大山志保。今年すでに「フジサンケイレディス」で優勝しているが、来季のシードに向けて大きな障壁がある。

 それがシード選手の「出場義務試合数」。通常シード選手の出場義務試合数は開催試合数の60%以上(小数点以下第1位切り上げ)で今季は21試合。ただ、大山はオリンピックに出場したためオリンピック関連規定で19試合と定められている。

 大山は怪我の影響もあり、ここまで24試合中9試合しか出場しておらず、「ゴルフ5レディス」が10試合目。今大会含めて国内女子ツアーは残り13試合(大山が出場権を獲得していないTOTOジャパンクラシックを含む)と欠場できるのは3試合のみ。すでにスケジュールを組んでおり、「2~3試合は休む予定です」と19試合ギリギリ、もしくは20試合で出場試合を果たす予定で、「怪我はできない。体調面をしっかいとケアしていきたい」と油断ならない状況だ。

 試合数を確保するためにも、「富士通レディース」終了時点で賞金ランク35位以内に入る必要がある「TOTOジャパンクラシック」への出場権を早々に獲得しておきたいところ。「戻ってきてから出ていた熱もだいぶ良くなったし、(前半戦数試合を欠場することになった)首もまったく痛みは無いです」と状態は上向き。「このコースは風が強く吹くし、戦略し甲斐があって好き」。相性のいいコースも味方にして、何とか上位に食い込みたいところだ。

(撮影:秋田義和)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:9月1日(木)17時11分

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]