ここから本文です

バーディは2人だけ ツアー最長パー4が大会2番目の難度を記録

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9月1日(木)19時28分配信

1日に開幕した国内男子ツアー「フジサンケイクラシック」は、パー71設定ではツアー最長の7524ydを誇る山梨県の富士桜CCが舞台。その象徴ともいえるのが、5番ホール。昨年から535ydに伸びてツアー最長パー4に設定されたホールが、初日から牙をむいた。

【画像】富士桜CC、ツアー史上最長のパー4(535yd)はこんなホールだ!

タフなセッティングにスコアを落とす選手が続出し、119人(1人途中棄権)のスコアはバーディ2個、パー34個、ボギー61個、ダブルボギー18個、トリプルボギー4個という内訳に。平均ストローク数は『4.899』を記録し、今大会のパー4における史上2番目(1985年以降)に大きい数字となった。なお、1番目は2011年大会初日の同ホールの『4.906』。

5番はティグラウンドからグリーンまで緩やかな下り傾斜が続き、グリーン手前から左側に沿って池が広がるロケーション。この日は主に右から緩やかなフォローの風が吹き、ピンは左から7yd、手前から39ydの位置に切られていた。

バーディとしたのは、ともに1オーバーの32位で終えた塚田好宣と甲斐慎太郎。チップインで奪った塚田は、1打目を1Wでフェアウェイに運び、残り260ydの2打目を5Wでグリーン奥のラフへ。約15ydの3打目をSWでカップに沈め、「嬉しいですね。上(奥)に残った時点で、すでに嬉しかった」と価値あるバーディに目を細めた。

大会事務局の戸張捷ゼネラルプロデューサーは「きょうは左奥のピンでかなり難しかったと思う。これからは(池側とは逆の)右に寄ってくるので、スコアは変わってくると思います」と解説。「予選カット後の数字が大事になってくる」とし、基本的に最終日まですべて535ydのティを使用することを明かした。(山梨県富士河口湖町/塚田達也)

<フジサンケイクラシック 歴代の高難度パー4>
順位/平均ストローク/年度/コース/ホール/ラウンド
1/4.906/2011/富士桜CC 1R/5番
2/4.899/2016/富士桜CC 1R/5番
3/4.841/1992/川奈ホテルGC FR/5番
4/4.813/2005/富士桜CC FR/5番
5/4.765/2010/富士桜CC 2R/5番
6/4.762/2015/富士桜CC FR/5番

最終更新:9月1日(木)19時42分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]