ここから本文です

日本代表、横一線の守護神争いに東口「試合に出たら結果が求められる」

GOAL 9月1日(木)15時52分配信

日本代表は9月1日に行われるロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のUAE(アラブ首長国連邦)戦へ向け、8月31日に前日練習を行った。

今回、日本代表は絶対的な守護神であった川島永嗣が招集外となった。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はGKの競争が横一線であると強調している。ポジション争いについてガンバ大阪に所属するGK東口順昭は「試合に出たら結果が求められると思うし、練習の中で自分の特徴をアピールしていくことが必要だと思います」と語った。

続けて、GKとして1点の重みについて「最終予選は特に1点で勝敗が分かれる。簡単な試合はないですよね。イージーなミスをしたら勝てる試合も勝てなくなるので、そういう点で後ろの責任感というのはより大きくなってくるんじゃないかなと思います」と重要性を口にした。

また、UAEの要注意選手には10番のオマル・アブドゥラフマンを挙げ「時間を与えてしまうと、すごくいい決定的なパスが出てくるし、それはミーティングでしっかり見ています。まずは出どころをしっかり抑えるのが大事になってくると思います」と注意を促した。

GOAL

最終更新:9月1日(木)15時52分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報