ここから本文です

FOXのクリエイター発掘プロジェクトで短編映画募集中、最優秀賞には100万円

映画ナタリー 9月1日(木)9時5分配信

映画チャンネル・FOXムービーが贈るプロジェクト「FOXムービー 短編映画祭2016」が実施される。

未来の映画監督、映像作家、クリエイターを発掘することを目的とした同プロジェクト。1分~30分の短編映像を募集し、応募作品の中から選ばれた最優秀作品には100万円を、優秀作品には10万円を映画制作支援金として贈呈する。さらに受賞作はFOXムービーで放送、J:COMオンデマンドで配信が予定されているほか、最優秀作品はFOXのグローバルネットワークを通して海外のチャンネルで放送される可能性も。応募締め切りは10月31日必着。詳細は「FOXムービー 短編映画祭2016」特設ページで確認しよう。

なお審査員は「亡国のイージス」「終戦のローレライ」などで知られる作家・福井晴敏、「サマータイムマシン・ブルース」「幕が上がる」で監督を務めた本広克行、20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン代表取締役社長・土合朋宏氏の3名が務める。

FOXムービー 短編映画祭2016
応募締め切り:2016年10月31日(月)必着応募規定:年齢、ジャンル、制作年は不問。作品の尺は1分~30分。DVDに収録して2枚郵送

最終更新:9月1日(木)9時5分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。