ここから本文です

30年以上前から“クスリ漬け”だった高知東生被告

リアルライブ 9月1日(木)12時40分配信

 覚せい剤取締法違反(所持、使用)などの罪に問われた、元俳優の高知東生(本名・大崎丈二)被告と知人で元クラブホステスの五十川敦子被告の初公判が8月31日、東京地裁で行われ、各メディアが大々的に報じている。

 報道をまとめると、一般傍聴席18席をめぐって約1200人が並び、注目度の高さをうかがわせた。高知被告は短く髪を刈り込み、スーツにネクタイ姿。一方、五十川被告は厚化粧で茶髪の髪を束ね、黒のスカートスーツ姿。6月24日、横浜市内のラブホテルに2人でいたところを逮捕されて以来の再会となり、2人で何度か並んで証言台に立ったというが、一度も目を合わせることはなかったという。

 公判で明らかになったのは、高知被告の驚くべき薬物使用歴。上京後、バイト先の外国人に声をかけられ、10代後半で大麻を使用、20歳のころには通っていたディスコの黒服から勧められ、覚せい剤を初めて使用。その後、06年に五十川被告と知人の誕生日パーティーで知り合い、遅くとも10年ごろから2人で月5、6回ほど使用を重ね、薬物の購入資金は高知被告が全額支払っていたというのだ。

 「報道によると、14年ごろ、それまで高知被告が入手していたが、入手できなくなり、五十川被告が入手するようになったという。そのため、逮捕前にマークされていたのは五十川被告。五十川被告をマークしていたところ、高知被告が捜査網に引っかかって御用となった」(全国紙社会部記者)

 事件を受け、高知被告は元妻で女優の高島礼子と離婚。高島の仕事への影響を考えれば、薬物を断つことも考えたはずだが、高知被告は「悪いとは分かっていたが、刺激を求める方が勝ってしまった」。さらには、「どうしたら別れた女房に気づかれないか、そっちの方を考えていた」とまさに“クスリ漬け”。高島に「迷惑をかけた。本当に申し訳ない」と謝罪したが、後悔するのが遅すぎたようだ。

 検察側は2人に懲役2年を求め、弁護側は執行猶予を求めて結審した。判決は15日に言い渡される。

最終更新:9月1日(木)12時40分

リアルライブ