ここから本文です

8月の音楽ランキングはガールズグループが上位圏占める=韓国genieチャート

WoW!Korea 9/1(木) 10:01配信

ガールズグループが8月のランキング上位圏を占めた。

 韓国の主要音楽サービス・genieの8月月間チャート(1~30日)によると、1位はYGエンターテインメントの新人ガールズグループ「BLACKPINK」のデビュー曲「口笛(WHISTLE)」だった。「BLACKPINK」は「口笛(WHISTLE)」以外にも「BOOMBAYAH」(10位)が上位圏に入る底力を見せた。

BLACKPINKのプロフィールと写真

 続いて「GFRIEND」の「君、そして私(NAVILLERA)」が前月より1段階上昇し、2位を記録した。3位は「Wonder Girls」の「Why So Lonely」で、彼女たちは同曲で自身だけのカラーで勝負する実力派ミュージシャンとしての地位を築いた。

 4位は「TWICE」の「CHEER UP」。「CHEER UP」は音源公開後、4か月もの間、月間チャートの上位圏に留まりロングセラーを記録中だ。5位は「Standing Egg(スタンディングエッグ)」が歌った「夏の夜に私たちは」がランクインした。

 一方、Mnet「SHOW ME THE MONEY 5」の優勝者でラッパーのBewhYが「Day Day」(6位)、「Forever」(8位)を月間上位圏に浮上させた。続けて、7位は「Urban Zakapa」の感性が生かされた「I Don't Love You」が、9位は女性シンガーソングライター・Heizeのリズミカルなヒップホップ曲「And July」が記録した。

 ktミュージックの関係者は「8月のgenie音楽チャートは新人・既存ガールズグループが人気を博した。自身だけのカラーで勝負するガールズグループの楽曲たちが愛され、ロングランに繋がる雰囲気だ」と説明した。

最終更新:9/1(木) 10:01

WoW!Korea