ここから本文です

高島彩の子育てのモットーは『楽しく学ぶ』

リアルライブ 9/1(木) 16:24配信

 タイムトリップミュージアム「明治神宮表参道ケヤキ並木の100年」プロジェクト発表会が31日都内で行われ、フリーアナウンサーの高島彩が出席した。

 「明治神宮表参道ケヤキ並木の100年」は東京・表参道の100年の歴史をVR(仮想現実)で体験できる学習コンテンツ。100年前の表参道をVRで初体験した高島は、「まさしくその場にいるような臨場感ですね。震災、空襲を乗り越えて100年生き延びている木があることにびっくりしました。今度表参道を歩く時にその木を探してみたいです」と語った。

 5月に第2子を出産し、2歳と生後3か月の女児の母親である高島。MCから「出産して3か月なのにすぐにプロポーションが戻りましたね」と言われると「隠しているところはまだ変形しているので、これから戻していきたいです」と苦笑い。

 子育てについて問われると「『楽しく学ぶ』をモットーにして、家の中では私が大きい声で歌いながらリトミックみたいなことをしたりとか、公園で落ち葉やドングリをいっぱい集めて帰ってきて画用紙にボンドで貼ったりしてます。今もそうですが、子供が大きくなっても基本は『楽しい』という感情第一でいけたら良いなと思います」と笑顔で話した。

最終更新:9/2(金) 10:02

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]