ここから本文です

先は見ない。1試合に賭ける FW岡崎慎司 サッカーW杯ロシア大会・アジア最終予選

朝日新聞デジタル 9月1日(木)11時30分配信 (有料記事)

 1日から始まるサッカーの2018年ワールドカップ(W杯)アジア最終予選は、FW岡崎慎司(レスター)にとって、3回目のW杯挑戦。イングランド1部優勝を果たし、日本代表では歴代3位の49得点。華々しい経歴を重ね、ますますゴールへの欲が強まっているという。今年4月で30歳。一つ一つ壁を乗り越えてきた岡崎らしい持論がある。

 ■怒る、ほえる、英国で得た貪欲さ
 ――イングランドで優勝した昨季を振り返った著書「未到」を出版しました。その中で、得点機会でパスを出してくれない味方を怒るようになった、と書いています。岡崎選手と言えば笑顔のイメージですが。……本文:5,252文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月1日(木)11時30分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]