ここから本文です

ニフティ、NTT東日本との連携で「ニフティクラウド」の閉域網接続サービス

BCN 9月1日(木)16時37分配信

 ニフティ(三竹兼司社長)は8月31日、クラウドサービス「ニフティクラウド」で、NTT東日本(山村雅之社長)と連携し、閉域網接続サービス「プライベートアクセス for クラウドゲートウェイ クロスコネクト」を10月11日から提供すると発表した。

 新サービスは、NTT東日本が10月11日から提供予定のクラウド接続サービス「クラウドゲートウェイ クロスコネクト」を申し込んだ顧客に、ニフティクラウドへの接続を提供するもの。NTT東日本の「フレッツ・VPN ワイド」または「フレッツ・VPN プライオ」との併用で、これらの閉域網を通じたニフティクラウドに接続が可能となる。

 従来からニフティクラウドは、各回線事業者が提供する閉域網とニフティクラウドをあらかじめ物理的に接続して、プライベートLANで仮想的に分離したセキュアなクラウド接続を容易に実現するサービス「プライベートアクセス」を提供している。今回、新たにNTT東日本の閉域網を追加することで、より多くのユーザーがニフティクラウドへセキュアに接続できるようになる。税別価格は、「プライベートLAN」1契約あたり月額8000円。

最終更新:9月1日(木)16時37分

BCN