ここから本文です

ナスリは清武のライバルになるか? モンチSD「彼のような選手を探し求めていた」

GOAL 9月1日(木)16時44分配信

フランス代表MFサミル・ナスリが8月31日、マンチェスター・シティからセビージャにレンタル移籍することが発表された。セビージャの敏腕スポーツ・ディレクターとして知られるラモン・ロドリゲス・ベンデホ、通称”モンチ”氏が獲得の理由を説明している。

ナスリは2013−14シーズン、プレミアリーグで34試合に出場するなど、主力選手の一人として活躍していた。しかし、ここ2年は同24試合、同12試合と徐々に出場機会が減っていて、今夏就任したジョゼップ・グアルディオラ監督の構想の中心に入ることはできなかった。

モンチSDは、「獲得プランは静的なものではないし、プレシーズンの間もどんどん発展し続けている。サンパオリはすでに守備的なMFはいると考えていたし、キーパーと様々なポジションで活躍できるMFを探していた。ナスリが選ばれた一人だった」と獲得の理由に言及した。

また、ナスリが数ある移籍先の候補からセビージャを選択したことに関しては「彼はここ2年うまくいっていなくて、キャリアを取り戻したがっていた。ウィンガーとしても起用できるし、ナスリのような選手を我々は探し求めていた。ポゼッションでも大きな役割を果たすだろうし、適応してくれるだろう」と話している。

なお、ナスリと同じポジションのプレーヤーで、清武弘嗣らの加入により出場機会を減らしていたMFイェフレン・コノプリャンカは、シャルケに活躍の場を求めて移籍した。

GOAL

最終更新:9月1日(木)16時44分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。