ここから本文です

本田望結、声優で初挑戦に「夢が叶いました」

リアルライブ 9/1(木) 16:29配信

 人気子役の本田望結が31日、都内で行われた映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(9月17日公開)のジャパンプレミアに、本作の主演俳優のマーク・ライランスと出席。本作の日本語吹替え版のソフィー役で声優に初挑戦しているが、「声優さんというのをずっとやってみたかったので夢が叶いました。毎日が新鮮でした」と嬉しそうにコメント。ライランスからも「なんて可愛いんでしょう。ソフィーを演じるのにサイコーな女の子だと思います」とその愛らしさを絶賛された。

 スピルバーグがロアルド・ダールの児童文学「オ・ヤサシ巨人BFG」を映画化した本作で孤独な少女ソフィーの吹替えを担当した本田。「ソフィーは挑戦する何でもやりたい女の子。わたしと似ています」と話すと、「スピルバーグさんの作品が大好きで、ディズニーの作品も大好き。そのスピルバーグさんが初めてディズニーに参加された作品で吹替えをさせてもらって幸せでした。夢のようです。今でもドッキリかと思っているくらい」と満面の笑み。

 本田は「この作品はオーディションだったんですけど、決まった時は嬉しかった。ソフィーに近づけるために何度も台本を読みました。ソフィーは好奇心旺盛な女の子なので、今回ソフィーを演じたルビーちゃん(ルビー・バーンヒル)のイメージを崩さないように声を入れました」とアフレコを振り返ると、初対面のライランスにも「この場にマークさんと一緒にいられるのは光栄。お会いするまでは(役と同じ)本当に7メートルの巨人だと思っていたので飛行機大丈夫かなと思っていました」とにっこり。ライランスも「これからミウちゃんの夢が全部叶うといいですね」と嬉しそうな表情を浮かべていた。

(取材・文:名鹿祥史)

最終更新:9/1(木) 16:29

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]