ここから本文です

巨人拙守…広島と今季最大12差 高橋監督ぶ然「誘ってきているプレーで」

デイリースポーツ 9月1日(木)6時2分配信

 「巨人0-4ヤクルト」(31日、富山市民球場アルペンスタジアム)

 攻守に精彩を欠いた。1年に1度の富山開催で、5安打完封負け。巨人・高橋由伸監督は「勝った負けたはあるが、同じ気持ちで戦っていかないといけない」と言うものの、笛吹けども踊らず。首位・広島とのゲーム差は今季最大の12となった。

 拙守が黒星に直結した。四回、2死一、三塁。一走・西田が故意にけん制球で飛び出し、挟殺プレーとなっている間に三走・西浦が生還。記録は本盗となったが、二塁手のクルーズが一走の西田に気を取られすぎたことで、追加点を奪われた。

 高橋監督は「こっちのミスを誘ってきているプレーで、ミスをしてしまった。ホーム優先のはずですから」と、ぶ然。クルーズは「自分のミス」と反省したが、今季は失点に絡んだミスも目立つ。助っ人の役割を全く果たせていない状況だ。

 村田ヘッドコーチは「切り替えてやるしかない」と語気を強めたが、チームは優勝が絶望的となり息切れ。立て直すのは、容易なことではなさそうだ。

最終更新:9月1日(木)7時23分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]