ここから本文です

独代表主将シュバインシュタイガー、勝利で代表に別れ「こんなにも美しい別れになるなんて…」

GOAL 9月1日(木)16時54分配信

ドイツ代表は8月31日、国際親善試合でフィンランド代表と対戦し、2-0と勝利を収めた。

先日、代表引退を発表したMFバスティアン・シュバインシュタイガーにとってフィンランド戦は引退試合となっている。いつも通りキャプテンマークを巻き、68分までプレーしたシュバインシュタイガーは試合後に胴上げをされ、惜しまれながら代表に別れを告げた。

試合前、涙を浮かべながらスピーチをしたシュバインシュタイガーは「みんなのためにプレーすることができてこれ以上ない名誉だった。ここでのすべての時間を楽しみたかったけど、こんなにも美しい別れになるとは想像していなかった。ここに来てくれた全員に感謝しているよ」と語った。

なお、シュバインシュタイガーは所属先のマンチェスター・ユナイテッドで構想外となり、難しい時間を過ごしているが、残留を決めている。

GOAL

最終更新:9月1日(木)16時54分

GOAL