ここから本文です

(考・野党 民進代表選を前に:下)強いリーダー像、続く模索

朝日新聞デジタル 9月1日(木)11時30分配信 (有料記事)

 民進党の新しい代表は、巨大与党に野党の一部を加えた「改憲勢力」が衆参で3分の2を超えるという政治状況に立ち向かうことになる。政権交代可能な「二大政党」が遠のく状況で、野党のリーダーに何が求められているのか。
 蓮舫氏が強調するのは発信力だ。「私たちには対案がある。でも、残念ながら国民に届いていない。自分の発信力で、ここを変えていきたい」
 7月の参院選東京選挙区(改選数6)で、112万票を獲得した蓮舫氏。民進支持者だけでなく、無党派層にも支持を広げてトップ当選した。
 キャスター出身で抜群の知名度があるのは、やはり無党派層を取り込んで東京都知事選を圧勝した小池百合子氏との共通点でもある。……本文:3,302文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月1日(木)11時30分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。