ここから本文です

ダニエル・クレイグ、プラチナブロンド&タトゥーの囚人に変身!

映画.com 9月1日(木)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 「007」シリーズの俳優ダニエル・クレイグが8月28日(現地時間)、米アトランタで新作映画「Logan Lucky(原題)」を撮影しているところをキャッチされた。ジェームズ・ボンドのタキシード姿から一転、クレイグは刈り上げた髪をプラチナブロンドに染め、囚人服からのぞく首や腕はタトゥーだらけで、まるで別人のような風貌になっている。

 「Logan Lucky」は、鬼才スティーブン・ソダーバーグが監督。クレイグのほか、チャニング・テイタム、アダム・ドライバー、ヒラリー・スワンク、セス・マクファーレン、ライリー・キーオが共演している。ストックカーレースのNASCARを舞台に、強盗を企む兄弟を描く犯罪コメディで、この日の撮影現場では同じく囚人服を着たドライバーの姿もあった。

 6代目ジェームズ・ボンドを演じたクレイグは、昨年公開された第24作「007 スペクター」を最後にシリーズを退くと見られており、新ボンド候補にはイドリス・エルバ、トム・ヒドルストン、ダミアン・ルイス、エイデン・ターナー、ヘンリー・カビル、ジェイミー・ベルといった人気スターの名が挙がっている。

 「Logan Lucky」は2017年10月全米公開の予定。

最終更新:9月1日(木)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。