ここから本文です

長谷部誠「初戦が悪いと最後まで引きずってしまう」/日本代表

ISM 9月1日(木)8時48分配信

 日本代表は1日、2018年W杯アジア最終予選でUAEと対戦する。以下は、試合前日のMF長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)のコメント。

●長谷部誠コメント

Q:最終予選に向けてチームの空気は?
「いよいよかなという感じはありますし、チームの雰囲気としても非常に緊張感を練習でも感じます。もちろん、その緊張感はいい部分もあれば、緊張しすぎてもよくないと思いますが、雰囲気はいい感じかなという感覚です。これから1年かけて長い予選が始まりますが、初戦の大事さというのは予選だけでなくて、どういう大会でもみんな感じることだと思います。明日はホームですし、絶対勝ちたいと思います」

Q:これまでいろんな大会を経験しているが、初戦でいい戦いができた時にはどういう要因があった?
「それも結局、結果論なので非常に難しいところはありますが、結果としてW杯やリオ五輪もそうですが、初戦の結果が悪いとそれを最後まで引きずってしまうことになります。僕が経験している過去2回の予選ではスタートダッシュでは成功してますが。とにかく準備の部分では少ない時間の中でできることはやったと思いますし、明日は自信を持ってピッチに全員で立ちたい」

Q:柏木選手が前日練習に参加しなかったため、大島選手と組む可能性も出てきたが??
「明日、誰と組むかは監督も決めかねている部分があると今日のミーティングでも言ってました。誰が出るか本当に分からないですが、自分がもし出た時にはパートナーとなる選手の特徴をできるだけ生かしてあげたいし、逆に自分もそれで生かされたい。ただ、自分たちのような経験ある選手たちが落ち着いたプレーだったり態度だったりを示せば、若い選手たちも伸び伸びとプレーできると思うので、そういう部分では経験ある選手たちがどういうアクションを起こすかがすごく大事だと思います」

最終更新:9月1日(木)8時49分

ISM