ここから本文です

「ホイッスル!」新キャスト起用したアニメを配信!風祭将役は堀江瞬

コミックナタリー 9月1日(木)10時39分配信

樋口大輔原作によるアニメ「ホイッスル!」が、新キャストを起用してリニューアルされることが決定した。2002年から2003年にかけて放送されたアニメの映像を用い、新キャストが声を吹き込む。

【この記事の関連画像をもっと見る】

主人公の風祭将役は「12歳。~ちっちゃなムネのトキメキ~」で桧山一翔役を務める堀江瞬が担当する。また桜上水中サッカー部のキャプテン・水野竜也役には立花慎之介、同じくサッカー部に所属する、金髪で運動神経の良いシゲこと佐藤成樹役には金本涼輔、桜上水中サッカー部のゴールキーパー・不破大地役には江口拓也がキャスティングされた。このほかオープニング、エンディングテーマもそれぞれリニューアルされる。アニメは2017年に配信される予定。

「ホイッスル!」はサッカー選手を夢見る小柄な中学生の風祭将が、仲間やライバルとの出会いによって成長していく姿を描いたスポーツもの。原作は週刊少年ジャンプ(集英社)にて1998年から2002年まで連載された。

なお東京・シアター1010では、9月8日まで樋口原作による舞台「ホイッスル!BREAK THROUGH-壁をつき破れ-」を上演。舞台の実施期間中、同じくシアター1010にて樋口の原画展「~ホイッスルから24年の軌跡~」も開催されている。

「ホイッスル!BREAK THROUGH-壁をつき破れ-」
期間:2016年8月31日(水)~9月8日(木)会場:シアター1010

樋口大輔原画展~ホイッスルから24年の軌跡~
会期:2016年8月31日(水)~9月8日(木)時間:11:00~20:00(最終日は19:00閉場)※最終入場は閉場30分前まで会場:シアター1010料金:800円

(c)樋口大輔/集英社・マーベラス

最終更新:9月1日(木)10時39分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。