ここから本文です

アップルCEOがアイルランド残留確約、EU決定前に首相と協議

ロイター 9月1日(木)6時59分配信

[ダブリン 31日 ロイター] - アイルランドの課税優遇措置をめぐって、欧州連合(EU)が米アップル<AAPL.O>に最大130億ユーロの追徴税納付を命令する前の段階で、クック最高経営責任者(CEO)がケニー首相と協議し、アイルランドにとどまると確約していたことが分かった。首相の事務所が31日、明らかにした。

政府報道官は「クック氏の求めに応じて、28日に電話協議が行われ、クック氏がアイルランド事業に力を注ぐ方針を再表明した」と説明。「同様に(首相も)アップルのアイルランド事業への支持を表明した」と述べた。

最終更新:9月1日(木)7時5分

ロイター