ここから本文です

(いま子どもたちは)みんなでダンス:1 出た者勝ち、さあ前へ

朝日新聞デジタル 9月1日(木)16時0分配信 (有料記事)

 (No.1147)

 「どんどん前に出て踊らないと、曲が終わっちゃうよ!」。7月の土曜日、東京・代々木の国立オリンピック記念青少年総合センター。ストリートダンスの技を競う「ダンスバトル」をしていた10人ほどの子どもたちに、講師の志田波生さん(36)の声が飛んだ。ダウン症の子も、健常の子もいる。
 肩や背中を床につけて回転技を決める高校生の男子。歌舞伎の大見えを決める中学生の男子。ブリッジなどを披露する小学生の女子。次々に入れ替わって踊っていたが、様子見を続け、出番を逸した子もいた。
 曲が終わると志田さんは、子どもたちに呼びかけた。……本文:4,582文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月1日(木)16時0分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。