ここから本文です

入賞者を屋久島へ招待、イオン「中学生環境作文コンクール」10/30まで

リセマム 9月1日(木)19時15分配信

 イオンワンパーセントクラブ主催、環境省後援の「中学生環境作文コンクール」では、全国の中学生を対象に作品を募集している。金賞受賞者は、2017年3月に実施する屋久島での「生物多様性研修」に招待される。応募締切日は10月30日。

イオンワンパーセントクラブ

 イオンワンパーセントクラブは、地域・国際社会と連携しながら、教育、食料および環境分野における次代を担う人材の育成と、これらの事業を通じた日本と関係諸国間の友好親善、相互理解の促進に寄与することを目的に1989年に設立された。同コンクールは2012年より毎年開催し、環境学習を通じて価値観の多様性や社会のルールを学ぶ機会を子どもたちに提供している。

 今回募集する作文のテーマは、「豊かな自然をまもるために、わたしができること」。応募方法は、400字詰め原稿用紙3枚に手書きし、コピーを郵送または宅急便で10月30日(当日消印有効)までに送付する。また作文郵送後に事務局へメールを送信し、作文到着確認後のメール返信をもって受付完了となる。

 審査は選考委員により行われ、優秀作品には金賞および銀賞が贈られる。金賞受賞者約40名は、鹿児島県屋久島での「生物多様性研修」に招待される。研修は2017年3月27日から3月30日までの3泊4日を予定。審査結果は12月中旬、応募者全員に連絡する。

◆イオンワンパーセントクラブ「中学生環境作文コンクール」
対象:全国の中学生
※2015年4月、2016年4月実施の「生物多様性研修」に参加していないこと
作文テーマ:「豊かな自然をまもるために、わたしができること」
募集期間:2016年9月1日(木)~10月30日(日) ※当日消印有効
応募方法:400字詰め原稿用紙3枚(800字以上1,000字以内)に手書きした作文のコピーを、郵送または宅急便で送付。作文送付後に事務局へメールを送信し、作文到着確認後のメール返信をもって受付完了となる。
入賞賞品:金賞/屋久島(鹿児島県熊毛郡屋久島町)での「生物多様性研修」(2017年3月27~30日)に招待(約40名)
銀賞/図書カード5,000円(50名)
※参加賞として入賞者以外の応募者200名に図書カード1,000円(200名を超えた場合は抽選)
結果発表:12月中旬、応募者全員にメールで通知

《リセマム 荻田和子》

最終更新:9月1日(木)19時15分

リセマム