ここから本文です

国交省、「ダブル連結トラック」の走行実験を実施へ…自動運転も想定

レスポンス 9月1日(木)9時45分配信

国土交通省は、トラック輸送の省人化を促進し、生産性向上を図るため、1台で通常の大型トラック2台分の輸送が可能な「ダブル連結トラック」の実験を実施する。

国内の物流の約9割をトラック輸送が占めているが、深刻なドライバー不足が進行している。国交省では、トラック輸送の省人化を促進し、生産性向上を図るため、1台で通常の大型トラック2台分の輸送が可能な「ダブル連結トラック」の実験を、2016年度から新東名を中心とするフィールドで実施する予定。

実験により、将来の自動運転・隊列走行も見据えつつ、省人化の効果、安全性などを検証した上で、2018年度以降の本格導入を目指す。

実験に際して、特殊車両通行許可の基準について安全性を十分確保しながら現行21mの車両長を25mまで緩和する特例を設ける必要がある。このため、一定の要件を満たし、道路管理者で構成する実験協議会による調査に協力し、実験が確実、安全に実施されると判断する場合、フルトレーラ連結車の長さの基準を25mを上限に緩和する通行許可の特例を設ける。

通行許可の特例に関して一般からの意見を募集した上で、今年10月から適用する予定。11月から実験を開始する。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9月1日(木)9時45分

レスポンス

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。