ここから本文です

『BLAZBLUE』のWebラジオ「ぶるらじ」、根拠のない「著作権侵害の申し立て」でYoutube版を一時公開停止に

インサイド 9月1日(木)17時57分配信

アークシステムワークスは、YouTubeにて公開している「ぶるらじ」関連の動画を一時的に公開停止にすると発表しました。

「ぶるらじ」は、『BLAZBLUE(ブレイブルー)』シリーズに関連して展開されているWEBラジオです。今回は、番組内で使用している楽曲に対し、根拠のない「著作権侵害の申し立て」が執拗に繰り返されていることから、やむを得ず臨時的な処置として公開停止が行われています。

アークシステムワークスは、一日も早く番組を公開できるよう対処を検討中とのこと。なお、ニコニコ動画のアークシステムワークス公式動画チャンネルでは通常通り閲覧することができます。

https://twitter.com/ARCSY_Event/status/771260860324904964

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
(C) ARC SYSTEM WORKS

最終更新:9月1日(木)17時57分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。