ここから本文です

小倉智昭、声震わせ「文春」へ反論 「資金源」報道で「とくダネ!」降板はあるか

J-CASTニュース 9月1日(木)20時19分配信

  フジテレビ系情報番組「とくダネ!」の小倉智昭キャスター(69)が従来から「金銭的支援」をしていた俳優が、覚せい剤所持で逮捕された。

  週刊文春がこれを「小倉智昭が『資金源』だった」と報じる一方、小倉氏は「とくダネ!」で「資金源と書かれるのだけは納得いきません」と反論している。

■文春が、支援俳優の覚せい剤購入の「資金源」だったと報道

  逮捕された庄司哲郎容疑者(49)は、1994年に映画「ビー・バップ・ハイスクール」のヒロシ役を務めたことがあり、その後、小倉氏と同じオーケープロダクションに3年前まで10年間所属している。画家の父親から絵を学び、1999年には、羽賀研二さんに頼まれて梅宮アンナさんの肖像画を代筆したことで週刊誌などが取り上げる騒ぎにもなっていた。フェイスブックを見ると、最近は、俳優としての活動よりも絵を描くことが多かったらしい。

  9月1日に(首都圏などで)発売された週刊文春の最新号(9月8日号)記事によると、庄司容疑者は8月25日夕、都内のマンション自宅に少量の覚せい剤を持っているのが見つかり、関東信越厚生局の麻薬取締部に現行犯逮捕された。小倉氏とは、その日の昼にフジテレビのある東京・台場で会っていた。

  庄司容疑者は、小倉氏に絵描きへの協力を依頼し、小倉氏も「50万円でいいか?」などと答えていたといい、この日も30万円ほどを渡したという証言があるとした。小倉氏の誕生日は5月だが、誕生日プレゼントを渡すという名目で、小倉氏からお小遣いをもらっていたという。記事では、資金援助が薬物購入に充てられた可能性があるとして、小倉氏が「資金源だった」と批判している。

 一方、小倉氏は9月1日朝の「とくダネ!」で、記事について時間を割いて釈明した。

  小倉氏はまず、庄司容疑者の絵を高く評価し支援していたとして、「私にとっては大変悲しいニュース」だとした。

1/2ページ

最終更新:9月2日(金)7時17分

J-CASTニュース