ここから本文です

松任谷由実、ニューアルバム『宇宙図書館』&自己最長ツアー発表

M-ON!Press(エムオンプレス) 9月1日(木)15時7分配信

昨年、ベストアルバム『日本の恋と、ユーミンと。』がミリオンを突破。時代を超えて愛され続ける日本ポップス界のトップアーティスト、松任谷由実が38作目となるオリジナルアルバムを11月2日にリリースすることが決定した。

【詳細】映画「真田十勇士」主題歌「残火」の主題歌告知映像はこちら

前作『POP CLASSICO』から約3年ぶり、今作のタイトルは『宇宙図書館』。過去から現在へ。現在から未来へ。時空と場所を越えた普遍的な叡智、それが“宇宙図書館”。ユーミンの永遠のテーマである“時間” “普遍性” “ポップ”をさらに追求した、新しさと懐かしさを同居させたまったく新しいスタンダードアルバムとなっている。

昨年、「星の王子さま」の原作者、サン・テグジュペリの故郷であるフランスのリヨンを訪れて書き下ろした、映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」の日本語吹替版主題歌「気づかず過ぎた初恋」、今春TV CMに起用され話題となった三菱UFJニコス“MUFGカード スマート”TV CMソング「月までひとっ飛び」、そして9月22日全国公開、中村勘九郎主演、映画「真田十勇士」主題歌「残火」などを含む12曲を収録予定。

初回限定盤に付属のDVDには、アルバム収録曲より制作される、最新ミュージックビデオを収録。また、今作のリリースを記念して、豪華初回限定盤の発売も決定! 付属のBlu-rayには高音質を楽しめるハイレゾ音源を収録。さらにアナログLP盤(2枚組)も付く。ユーミンの最新音源を3様のメディアで聴くことができるセット企画盤となる。

ジャケットビジュアルは前作に続き、アートディレクター、森本千絵氏が担当。本日公開のビジュアルは、その予告篇とも言えそうだ。ジャケットビジュアルは近日公開される。

そして、アルバムと同タイトルの待望の全国ツアーも決定。初日は11月18日、神奈川・よこすか芸術劇場からスタートし、2017年9月22日の東京国際フォーラムまで、合計42都市80本、自己最長、最多本数の超ロングランツアーとなる(9月1日発表は37都市75公演)。また、今ツアーを遂行すると、通算観客動員数は荒井由実時代最初の74年のコンサートから数えて800万人を超える。

これらに先がけて、本日9月1日より、映画「真田十勇士」主題歌「残火」の主題歌告知映像がYouTubeにて公開。同曲の先行配信は、映画公開前日の9月21日から各主要配信サイトにてスタートする。

松任谷由実 コメント
~アルバム「宇宙図書館」について~
今までにないくらい、自身の内面深く旅をして、悲しみや孤独と向き合い、そうして紡いできたPOP-ROCKです。
長いキャリアを重ねてもなお、進化することができると同時に、デビューの頃のビビッドな表現も、いつでも取り出せることを、このアルバムは証明しています。まわりのすべてに感謝しています。

~全国ツアーにむけて~
美しく心温まる、SF映画のようなライブステージ!
自己管理を楽しみながら、スタッフと一丸となってひとつひとつに情熱を注いで走りきります!

リリース情報
2016.11.02 ON SALE
ALBUM『宇宙図書館』

映画情報
「真田十勇士」
9月22日(木・祝)より全国超拡大ロードショー

松任谷由実 OFFICIAL WEBSITE
yuming.co.jp

最終更新:9月1日(木)15時7分

M-ON!Press(エムオンプレス)

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。