ここから本文です

米政府、各国の財政出動余地はまだあると考えている=財務次官

ロイター 9月1日(木)7時8分配信

[ワシントン 31日 ロイター] - 米財務省のシーツ次官(国際担当)は31日、米国は各国政府が成長支援に財政政策を活用する余地はまだあると考えており、この見解を9月4日─5日に中国・杭州で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議で伝えると語った。

ブルームバーグテレビに対し明らかにした。

シーツ次官は、米国以外の国々は成長支援に向けて、金融、財政、構造改革など「利用可能なあらゆる(政策)ツール」を活用する必要があると指摘。「とりわけ財政政策の適切な役割については、数年前よりも格段に各国の理解が進んでいる」と語った。

最終更新:9月1日(木)7時8分

ロイター