ここから本文です

高島礼子、17年連れ添った高知被告と決別 情状証人にならずコメントも出さず

スポーツ報知 9月1日(木)6時6分配信

 元妻で女優の高島礼子(52)は31日、元夫・高知東生被告(51)の初公判に情状証人として出廷せず、17年間連れ添った元夫と決別する意思を示した。

 この日の初公判に対し、高島の所属事務所は「この件に関して、コメントすることはありません」と説明。ただ、6月24日に逮捕の一報を受け、夫の薬物使用と不倫というダブルの裏切りを初めて知った高島にとって、高知被告が10代から薬物に手を染めていた事実に大きなショックを受けていることだろう。

 高島を知る関係者は「情状証人を務めたり、擁護すれば、周囲に問題が生じる。高島が、お世話になっている仕事関係者や友人への影響も考慮して決別したのでは」と心情を代弁した。高島の主演ドラマ「女たちの特捜最前線」(テレビ朝日)は、通常8~10話のところ、事件の影響を受け、8月25日に6話で終了となった。同作には高畑淳子も出演していた。

最終更新:9月1日(木)9時41分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。