ここから本文です

ベイダー率いる帝国軍を大募集!? 『スター・ウォーズ』、カワサキハロウィンに参戦決定

cinemacafe.net 9月1日(木)14時30分配信

ジョージ・ルーカスのアイデアから着想を得た『スター・ウォーズ』の“アナザー・ストーリー”『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が、12月16日(金)、全世界にて公開となる。この度、日本でも一般的になってきたハロウィン・パレードの中で最も注目を集める「カワサキ ハロウィン 2016」に、2年連続で<スター・ウォーズパレード>の参戦が決定。ダース・ベイダー率いる帝国軍のコスプレイヤーを募集することが明らかとなった。

【画像】“ロ―グ・ワン”に加わった女戦士ジン

銀河全体を脅かす、帝国軍の究極兵器“デス・スター”。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム“ロ―グ・ワン”に加わった女戦士ジン(フェリシティ・ジョーンズ)は、さまざまな葛藤を抱えながら不可能なミッションに立ち向かう…。

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の冒頭で、レイア姫がR2-D2 に託した“デス・スター”の設計図は、いかにして入手されたのか? 初めて描かれるキャラクターたちによる新たな物語が、スター・ウォーズの世界をさらにドラマティックに進化させていく――。

映画を超えた社会現象を巻き起こした『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の興奮も冷めやらぬうちに、またもや年末の話題を独占しそうな本作。今回、本作の公開を記念し、ハロウィン・パレードとしては注目度やクオリティにおいて国内有数の「カワサキ ハロウィン」に、2年連続で<スター・ウォーズパレード>が参戦する。昨年の「カワサキ ハロウィン2015」は、過去最大規模の12万人を動員。パレードの先陣を切って登場したのが<スター・ウォーズパレード>だ。それぞれ愛するキャラクターに仮装した100人が参加し、大きな盛り上がりを見せた。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、あの悪の帝王ダース・ベイダーが登場することでも大きな注目を集めているが、今回のパレードでは、ベイダー率いる帝国軍が建設中の“デス・スター”建設メンバーをテーマに、仮装者を大募集する。

今年で2回目となる<スター・ウォーズ>パレードに、カワサキ ハロウィン実行委員長・猪熊俊夫氏は「昨年は、<スター・ウォーズパレード>の盛り上がりもあり、史上最大の12万人の方々にお越しいただきました。今年は帝国軍に仮装したコスプレイヤーの皆さんに参加していただけるということで、昨年以上に盛り上がることを期待しております。カワサキ ハロウィン20周年という節目の年を全国のスター・ウォーズファンの皆さまと一緒に迎えられて大変嬉しく思います」と、期待のコメントを寄せている。

「カワサキ ハロウィン2016」<スター・ウォーズパレード>は10月30日(日)14:30~16:00ごろ、JR 川崎駅東口周辺一帯にて開催予定。9月16日(金)より募集開始予定。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は12月16日(金)より全国にて公開。

最終更新:9月1日(木)14時30分

cinemacafe.net