ここから本文です

米ワーナー、舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」を3部作で映画化か?

映画.com 9月1日(木)14時50分配信

 [映画.com ニュース] 英ロンドンで公演中の舞台劇「「ハリー・ポッターと呪いの子」の映画化を、米ワーナー・ブラザースが画策しているとNYデイリーニュース紙が報じた。

同作は「ハリー・ポッター」シリーズ8作目となる作品で、「ハリー・ポッターと死の秘宝」の19年後を舞台にしている。関係者によるとワーナーは現在、同作の映画化を企画しており、早ければ2020年の公開を目指しているという。

最大の障害は、これまでの映画作品でハリー・ポッターを演じてきたダニエル・ラドクリフと出演契約を結ぶことだ。「ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 2」までポッター役を演じたラドクリフは、当分は同役に復帰する意志がないこと明かしており、「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の舘」や「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」といった野心作に出演。ワーナーは、説得するのに苦戦を強いられそうだ。なお同社は、「ハリー・ポッターと呪いの子」を3部作として映画化すべく、準備を進めているという。

最終更新:9月1日(木)14時50分

映画.com