ここから本文です

広瀬すず&山崎賢人がバイオリン&ピアノ猛特訓!演奏シーン公開

シネマトゥデイ 9月1日(木)12時9分配信

 広瀬すずと山崎賢人がW主演を務める映画『四月は君の嘘』より、二人のバイオリン&ピアノ演奏シーンが公開された。

【動画】『四月は君の嘘』演奏シーン

 新川直司の人気コミックを基に、母の死をきっかけにピアノが弾けなくなった天才ピアニストの公生(山崎)と、自由奔放なバイオリニストのかをり(広瀬)が、互いの才能を認め合い成長していく姿を切ない恋模様を交えて描く本作。広瀬はバイオリン、山崎はピアノとそれぞれの楽器に初挑戦。クランクインの半年前から猛練習を重ね、撮影が始まっても休憩を惜しんで楽器に向き合っていたという。

 今回公開されたのは、二人がサン=サーンス作曲の「序奏とロンド・カプリチオーソ」を演奏するシーン。公生は伴奏の立場でありながら、かをりのバイオリンに音を食い込ませ、互いに音をぶつけ合っていく。広瀬と山崎は指の動きを覚え、“アテ弾き”をしているそうだが、その姿はまるで本当に演奏しているようだ。(編集部・中山雄一朗)

映画『四月は君の嘘』は9月10日より全国東宝系にて公開

最終更新:9月1日(木)12時9分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。