ここから本文です

“神童”ウーデガルト、レアル残留を決意 「1月の移籍市場で...」

GOAL 9月1日(木)18時39分配信

レアル・マドリーに所属するMFマルティン・ウーデガルトは、今夏同クラブに残留する決断を下した。だが次の移籍市場で移籍する可能性を除外してはいないようだ。

史上最年少の15歳でノルウェー代表デビューを飾り、逸材として大きな注目を集めたウーデガルト。その後プロ契約が可能となる16歳を迎えた同選手を、2015年1月にレアルが獲得した。

だがウーデガルトはレアルのトップチームに居場所を見つけられず、Bチームにあたるカスティージャでプレーを続けている。この夏には、フランスのレンヌに移籍する可能性が浮上した。

結局レアル残留を決めたウーデガルトは、ノルウェー『Dagbladet』で次のように話している。

「トップチームでプレーする可能性もある。それに1月には、もう一度移籍市場が開く。シーズンを通じて、何が起こるか。様子を見よう」

「僕は以前より成熟した。選手としても、人間としても。フィジカルが強くなったと感じている。あとはこれからゴールを決めていくだけだよ」

GOAL

最終更新:9月1日(木)18時39分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報