ここから本文です

【G大阪】新人FW呉屋、トップチーム初得点は値千金のアウェー同点弾

スポーツ報知 9月1日(木)0時30分配信

◆YBCルヴァン杯 ▽準々決勝第1戦 広島1─1G大阪(31日・エディオンスタジアム広島)

 G大阪の新人FW呉屋大翔(22)が勝負所で、トップチーム初ゴールを決めた。広島相手のアウェー第1戦。途中出場の背番号23は敗色濃くなった後半41分、左サイドからドリブルでペナルティーエリア内に進入。DF千葉をかわして左足を振り抜き、右サイドネットへ突き刺した。

 値千金の同点弾は第2戦につながる貴重なアウェーゴール。「得意な形。シュートまでイメージできていた」と胸を張った。長谷川健太監督(50)も「難しい角度だったが彼らしいゴール」と突破力をたたえた。

 関西学院大出身のプロ1年目。リオ五輪出場はかなわず、全日本大学選抜で同期だったDF室屋成(明大→F東京)の選出に刺激を受けた。「負けていられない。1点で満足せず、まだまだ取りたい」と貪欲な22歳。MF遠藤が疲れのため、今野、アデミウソンがケガのため遠征メンバーを外れた一戦で、見事にチャンスをものにした。

最終更新:9月1日(木)2時33分

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]