ここから本文です

【投資のヒント】会社予想は据え置きながら上振れへ期待が一段と高まった銘柄は

ZUU online 9/1(木) 19:00配信

3月期決算銘柄の第1四半期決算発表も終わりとなりましたが、決算発表終了からも2週間以上の期間が経過したことからアナリストの業績予想の見直しもある程度進んだとみられます。

そこで今回は業績の会社予想は据え置きだったにも関わらず、決算後にコンセンサス予想が上昇したことで決算発表前に比べて会社予想とのかい離がさらに開き、業績の上振れへの期待が一段と高まった銘柄を取り上げてみました。

具体的には第1四半期決算で会社予想が据え置きとなったTOPIX500採用の3月期決算企業のなかから、決算後にコンセンサス予想が5%以上上昇した銘柄で、上昇したコンセンサス予想が会社予想を1割以上上回るものをピックアップしています。

例えば三菱ケミカルホールディングス <4188> では決算発表前は会社予想とコンセンサス予想のかい離は小幅に止まっていましたが、決算後にコンセンサス予想が9%近く上昇したことでにコンセンサス予想が会社予想を1割上回る格好となっています。

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

最終更新:9/1(木) 19:00

ZUU online

チャート

三菱ケミカルホールディングス4188
724.5円、前日比-4.5円 - 12/5(月) 13:26

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。