ここから本文です

手作りミュージカル、まもなく本番 大井川ジュニア合唱団

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月1日(木)8時57分配信

 焼津市の小中学生でつくる大井川ジュニア合唱団は、3日に同市宗高の大井川文化会館で行う「第22回定期演奏会」(大井川公民館主催)に向けて大詰めの練習に取り組んでいる。本年度の演目はミュージカル「スーパーモンキー悟空!」。小学3年生から中学3年生までの45人が、歌や踊り、演技の動きを入念に確認している。

 ミュージカルは、焼津に住む子供が小説「西遊記」の世界に入り込む物語。児童らは昨年9月から毎週3回のペースで稽古を積み、公演を控えた8月以降、練習回数を増やした。保護者や住民有志が衣装や舞台のセットを手作りしたり、演技指導を行ったりした。

 30日夜に同会館で行われた通し稽古では、昨年に続いて特別出演する中野弘道市長が駆け付け、子供たちとともに本番用の衣装を着て最終調整を行った。合唱団の東みどり代表は「笑いあり涙ありで、幅広い世代が楽しめる。地域で作り上げたステージを見てほしい」と話した。

 公演は午後2時から。入場無料だが、同公民館で事前配布している整理券が必要。

 問い合わせは同公民館<電054(622)3111>へ。

静岡新聞社

最終更新:9月1日(木)8時57分

@S[アットエス] by 静岡新聞