ここから本文です

【ミャンマー】建設省、ティラワ低価格住宅の入札開始

NNA 9月1日(木)8時30分配信

 ミャンマー建設省都市・住宅開発局は8月29日、最大都市ヤンゴン近郊のティラワ経済特区(SEZ)と北部ラインタヤ郡区で進める低価格アパート建設で、地場開発業者向けの入札を開始した。9月30日に締め切る。イレブン電子版が30日伝えた。
 落札した地場開発業者は、ティラワ経済特区の31エーカー(約13ヘクタール)およびラインタヤ郡区の23エーカーの用地で低価格アパートを建設する。
 ミャンマー政府によると、東部ダゴン・セイッカン郡区のカナウンとユザナで建設された低価格アパートは、完成後に100日以内で完売した。価格は1戸当たり1,200万チャット(約100万円)。
 ヤンゴン郊外では2011~15年に、約3万戸の低・中価格アパートが建設されたという。

最終更新:9月1日(木)8時30分

NNA