ここから本文です

今年もっとも注目度の高い米雇用統計、9月2日の見どころは?

ZUU online 9/1(木) 19:10配信

注目されたジャクソンホールでのイエレンFRB議長の講演では、年内利上げの見方が強まったことを受け、円安ドル高となり103円半ばまで進む展開となった。ここでは、ジャクソンホールの注目ポイントとFOMCまでのドル円の見通しについて解説していこう。

■ イエレン議長講演のポイント

今回のジャクソンホールのイエレン議長の講演で注目したいポイントは2つだ。

1つ目は、具体的な利上げ時期に関しては言及を避けたものの、イエレン議長が年内利上げを示唆する発言をしたことだ。米国の労働市場の回復を受け、追加利上げの条件が整ってきたとするイエレン議長の発言は年内利上げの見方を強めた。また、フィッシャー副議長の講演もイエレン議長の講演内容に沿ったものとなり、追加利上げに前向きな姿勢を示した。

2つ目は、イエレン議長の講演で配布されたFOMCメンバーによるフェデラル・ファンド(FF)金利予測表だ。FF金利とは、米国の政策金利のことである。配布されたFF金利予測票は、FOMCメンバーによる2018年末までのFF金利の推移予想(中央値)が示されている。今回は、金利推移の予想に加えて、今後70%の確率で到達する可能性がある金利水準の範囲が色づけされている。

これによると、2018年末にはFF金利が4%を超える可能性が70%ある一方、0%付近に停滞する可能性も70%あるという不透明感を高めるような内容となっており、米国の利上げペースを予想するのが非常に困難であるということがうかがえる。結局は、経済指標次第で、FOMCメンバーによる金利予測もあまりあてにならないという印象を与える内容であった。

このように、明確な方向性を与えるような内容ではなかったものの、ジャクソンホールでの講演を受けて市場では年内利上げの見方が強まる結果となった。

■9月2日「米雇用統計」のポイントは?

ジャクソンホールでのイエレン議長の講演を受けて、市場では9月2日に公表される米雇用統計に大きな関心が集まっている。

雇用市場の回復は追加利上げの大きな根拠であり、イエレン議長が追加利上げに前向きな姿勢を示した直後ということもあって今年最も注目される雇用統計になるだろう。9月20日にはFOMCが開催される予定であり、この雇用統計の結果次第では9月中の利上げもあり得るからだ。

最も注目される非農業部門雇用者数の予想は、8月27日時点では18万人の増加となっており、目安となる20万人を下回っている。しかし、この予想を大きく上回ってくるような結果となれば、9月のFOMCで利上げが行われる可能性は否定できないだろう。

ただ、インフレ率は低水準で推移しており、決して追加利上げを全面的に支持できる環境ではまだない。そのため、雇用統計を受けた後のFOMCでどのような方向性が示されるのかに注目が集まると考える。

■ FOMCまでのドル円の見通し

年内利上げの可能性が高まったことで講演前と比較すると円安ドル高となった。今後予想されるシナリオは2つだが、どちらも9月2日発表の雇用統計に大きく左右されることに留意していただきたい。

シナリオの1つ目、かつ、最も可能性が高いと考えるのは100円から103円程度までのレンジで推移することだ。金曜日は年内利上げの可能性が高まったことで円安ドル高となったが、これはショートカバー(ショートポジションを手仕舞うこと)が入ったことが要因として大きいと考える。

今までドル円を売っていたトレーダー達が講演を受けて一旦買い戻してポジションを解消したために、円安ドル高となった可能性が大きい。つまり、本腰を入れて買いポジションを持っているトレーダーはまだ少数で、今後も円安ドル高の流れが続く可能性は低い。むしろ、上がったところを売りたたきたい勢力もかなり存在するため、一進一退の攻防となりレンジとなる可能性が考えられる。

このようなレンジ展開となったときは、ひとまず直近で抵抗帯となっている103円付近で売りが入ってくる可能性が高い。特に雇用統計の結果が予想とおおむね一致した場合は方向感が出にくい展開となりそうだ。予想を下回った場合は、100円を目指して下落する展開も十分考えられる。

ただし、雇用統計の結果が予想を大きく上回るようであれば、FOMCに向けて円安ドル高が進行し、キリ番で意識されやすい105円や直近高値である107円まで上昇する可能性が考えられる。これが2つ目のシナリオである。

このシナリオの大前提は雇用統計の結果が予想を大きく超えてくることであるため可能性としては低いが、雇用統計の結果が良ければ年内利上げの可能性が更に高まるため簡単にショートできない相場展開になると考えられる。FOMCまでは難しい相場が続きことになりそうだ。(アナリスト 樟葉空)

最終更新:9/1(木) 19:10

ZUU online