ここから本文です

【新潟記念】マイネルミラノ一気に加速「余裕で走っている感じ」

デイリースポーツ 9月1日(木)6時3分配信

 「新潟記念・G3」(4日、新潟)

 照明灯が夜明け前のターフに弾む栗毛を金色に照らす。8月31日、マイネルミラノが駆けだしたのは新潟芝の5Fから。ゆったりしたペースで3~4角を抜け、直線は軽くうながし、馬なりのまま上がりを伸ばした。5F68秒5-37秒0-12秒0。ラストの一気の加速が目を引いた。

 「息の入りはすごく良かったですね。函館で1週前をビッシリやって、きょうは感触を確かめたかった。上々ですね。余裕で走っている感じ」。そう証言した荒木助手は「涼しいところなので、夏バテもなく調整できています」と胸を張った。先週末の計量で、函館記念から2キロ減の484キロだった体重も、うまく維持して週末を迎えられそうだ。

 函館記念勝利後は放牧を挟み、先月17日に函館入り。25日に函館から直接新潟に入った。「環境の変化にも動じない、扱いやすい馬です。カイ葉も上がったことがないんですよ。シリーズチャンプ?めったにないチャンス。万全で送り出します」と仕上げ人は表情を引き締めた。

最終更新:9月1日(木)7時32分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]