ここから本文です

政府 日韓合意に基づき財団口座に10億円送金

エコノミックニュース 9月1日(木)5時55分配信

 韓国・聯合ニュースは31日夕の電子版で「日本政府が31日、旧日本軍の慰安婦被害者を支援するため韓国が設立した『和解・癒やし財団』に10億円を拠出したことが分かった」と報じた。

 菅義偉官房長官は同日午前の記者会見で、記者団が、今月中の支払いを予定していたはずだが、すでに支払いは終わっているのかと質問した際には「現在、最終調整中と思う」とし、まだ送金は終わっていないとしていた。

 聯合ニュースによると「韓国の外交消息筋と財団関係者による」情報として「日本は同日、財団の口座に10億円を送金した。両国間の外交ルートも関連情報を共有しているとされる」と報じた。

 そのうえで「日本は慰安婦問題をめぐる昨年末の韓日合意に基づく責務の一つを果たしたことになる」とも報じた。

 菅官房長官は、記者会見で「日本政府としては、この資金の拠出を完了すれば、日韓合意に基づく日本側の責務は果たしたことになる。いずれにしても、日韓両国政府が、この日韓合意をしっかりと実施していくことが大事」と話していた。(編集担当:森高龍二)

Economic News

最終更新:9月1日(木)5時55分

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]