ここから本文です

【新潟記念】アルバートドック、重賞連勝&サマー2000S制覇へ躍動

デイリースポーツ 9月1日(木)6時3分配信

 「新潟記念・G3」(4日、新潟)

 七夕賞を制して勢いに乗るアルバートドックが8月31日、重賞連勝&サマー2000シリーズ王者を目指して躍動した。時計は目立たなかったが、動きについては軽快そのもの。先週のキーンランドC(ブランボヌール)を勝った好調・戸崎圭のエスコートできっちり決めてみせる。

 サマー2000シリーズチャンピオンの座を、ハッキリと視界に入れるアルバートドック。前走七夕賞に続いてVを決めるべく、栗東CWで最終デモを行った。最初の1Fをゆったりと入ると、その後も無理をせずにスピードアップ。直線に向くと鞍上の合図を待つまでもなく、瞬時に反応。時計こそ1F13秒0と平凡だったが、動きは軽快そのものだった。

 手綱を取った野見山助手の表情が緩む。「前走で結果をうまく残すことができたので、その時と同じイメージの追い切りを。考えていた通りのケイコを済ませることができました」。この中間もずっとアルバートにまたがり、体調の微妙な変化を一番近くで感じ取ってきた。「先週の段階では息遣いがもうひとつでしたけど、(今週は)息の入りも良くなりました。以前はやんちゃな面を見せる馬でしたが、ここにきて利口になってきましたね」。心身の着実な成長ぶりが相棒から伝わっている。

 現時点ではクランモンタナ、マイネルミラノと並び、シリーズのポイントは10。王座獲得に向け、野見山助手は「意識しています。勝たないといけないと思って調整しています」と腕をぶす。鞍上は先週、キーンランドCを勝利し、31ポイントでサマージョッキーズシリーズトップに立つ戸崎圭だ。「戸崎さんにこのあと乗ってもらうためにも、しっかり仕上げたい」。勢い抜群の人馬で重賞連勝を決め、秋の飛躍へとつなげたい。

最終更新:9月1日(木)7時31分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]