ここから本文です

広島独走の遠因…ヤクルトが巨人主催試合でやっと初勝利

日刊ゲンダイDIGITAL 9月1日(木)12時10分配信

 誇れる記録でないことは間違いない。31日、ヤクルトが巨人主催試合で、ようやく今季初勝利を収めた。

 東京ドームでは9戦9敗と歯が立たず、30日は福井でも惨敗。93年以来負けたことがない富山に舞台を移し、何とか勝つことができた。

 ヤクルトは昨季リーグ優勝を成し遂げながら、今季は開幕直後からBクラスに低迷。毎年恒例となっている故障者の続出にも手を打てなかった。

「たられば」を言い出せばキリはないが、昨季優勝チームの低迷が広島の独走を許し、セのペナントレースを単調にした。話題になるのが山田の2年連続トリプルスリーという個人記録と助っ人の造反劇だけでは寂しい限りだ。

 この日の立役者で今季初完封の小川(26)にしても、ファンの期待を裏切り続けた。ヒーローインタビューでは「ピンチは何回もあったけど、持ち前の粘り強さを見せられた」と話したものの、ここまでエースと呼ぶには物足りない投球を続けてきた。

 今季21試合で失点しなかったのは、これで2試合目。5失点で勝ち負けが付かなかったのが2試合、同じく6失点で1試合ある。8勝5敗と勝ち星は先行していても、防御率が4.08ではエース失格だ。今になって3試合連続完投勝利と言われても、手放しで褒めるファンはいない。

 ならばせめて、CSに出場することがヤクルトにできる最低限の仕事ではないか。この日は3位DeNAが負けたことで、4位のヤクルトは1.5ゲーム差に詰め寄った。

 真中監督も、「8月に入ってからはバッティングも安定してきた。(それ以前は)投手が早く崩れる試合も多かった」と安堵のため息。CS進出に向けて、「一つずつですよね。一試合一試合、大事に戦っていきます」と話した。

 応援してくれるファンのためにも、その言葉をウソにしてはいけない。

最終更新:9月1日(木)12時10分

日刊ゲンダイDIGITAL