ここから本文です

アンジャッシュ渡部、佐々木希との結婚のうわさを完全否定!独身強調

シネマトゥデイ 9月1日(木)20時34分配信

 女優の佐々木希と結婚間近とうわさされているお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建が1日、都内で行われたイベント中に報道陣から単刀直入に佐々木との熱愛に触れられ、「(知りたいなら)ネットを見ろ!」と一蹴。結婚のうわさについても「全くないです」と笑顔でその可能性を否定した。

【写真】吹き替え中のアンジャッシュの二人

 この日、渡部は相方の児嶋一哉と共に、『トイ・ストーリー』のアニメーター、ダグ・スウィートランドが監督したアニメ映画『コウノトリ大作戦!』の公開アフレコイベントに出席。本作で主人公のコウノトリ・ジュニアの吹き替えを担当している渡部は、コウノトリに絡めて結婚について問われると、「予定はないですね。コウノトリが来る予定もないです」と苦笑い。「お相手もいません。何にもありません。今のところ独身です」と強調するも、食い下がってくる記者に向かって「しつこいな! (映画と)関係ない話はダメだって怒られるぞ!」とニヤニヤ。

 続けて「薄い。このままではネットニュースにならない」と別の報道関係者から声を掛けられると、最近35年ローンで家を買ったという児嶋に「お前、家買った場所とか値段とか教えろよ。頼むよ」と懇願。会場の笑いを誘っていた。

 本作でハリウッドアニメのアフレコに初挑戦した二人だが、主役という大役を務めた渡部は「難しかった。すごくセリフの量が多くて……でも、がんばりました」とホッとした表情。一方で、そのジュニアを邪魔する告げ口屋のハトのトーディの声を担当した児嶋は、「キャラクターに自分の声を投影できるのは楽しいです」とご機嫌な様子を見せた。

 さらに「コウノトリがもし何かを運んできてくれるなら何が欲しいですか?」という質問には、児嶋は「35年ローンで家を買ったので、お金が欲しい。あと、単価のいい仕事が欲しい」とコメント。渡部は「児嶋に代わる相方を」と話し、児嶋を慌てさせていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『コウノトリ大作戦!』は11月3日より全国公開

最終更新:9月1日(木)21時26分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。