ここから本文です

戎橋筋商店街で体験型イベント 歌舞伎体験、ダシ講座など31プログラム /大阪

みんなの経済新聞ネットワーク 9月1日(木)12時27分配信

 大阪・ミナミの戎橋筋商店街(大阪市中央区難波3)は10月1日から、体験型イベント「戎橋筋商店街 体験博 2016」を開催する。(なんば経済新聞)

 商店街全体を博覧会場に見立て、店舗や商人が主体となり、さまざまな体験型のプログラムを提供するイベント。「平素できない体験を通じて、商店街や周辺地域の商いや街の魅力をお客さまに知っていただきファンになっていただくとともに、なんばの街で家族や知人との交流を楽しんでいただける機会を提供する」(同商店街)のが狙いで、今回で13回目の開催。

 今回のテーマは「リアル体験」。大阪松竹座の協力を得て開催する「歌舞伎講座」は、拍子木を打って開幕を知らせるなど舞台進行を支える狂言方をゲストに、演劇記者が歌舞伎の魅力や鑑賞のポイントを解説する。昆布の老舗「をぐら屋」とうどんの名店「今井」による「ダシ講座」、「551蓬莱」の豚まん包み名人が豚まんの包み方を伝授する講座、「スターバックスコーヒー」のおいしいコーヒーの入れ方講座、道頓堀から中之島までのクルーズ船で行う「街コン・ナイトクルージング」など全31プログラムを用意し、計1300人が参加できる。飲食が伴うプログラムで有料のものもあるが、多くのプログラムは無料で参加できる。10月22日まで。

 商店街事務局の担当者は「小学生と保護者が対象の『なんば謎解きアドベンチャー・ウォーク!』は、道頓堀川~なんばパークスをポイントを探しながら探検するプログラム。また『街コンナイトクルージング』は金曜の夜開催で、お仕事帰りに参加しやすくしました。離れて暮らしている家族やしばらく会えていない友人などを誘って、ぜひ参加してみては」と呼びかける。

 現在、公式サイトとはがきで参加申し込みを受け付けている。応募者多数のプログラムは抽選となる。締め切りは9月21日。事前申し込み不要のプログラムも用意する。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月1日(木)14時8分

みんなの経済新聞ネットワーク