ここから本文です

大椙食品(棚倉)最優秀 全国豆腐品評会東北大会

福島民報 9/1(木) 10:31配信

 全国豆腐品評会東北大会で福島県棚倉町の大椙食品の「青豆寄せ豆腐」が3部門、計52品中、最高の最優秀賞に輝いた。喜多方市高郷町の豆腐屋おはらの「もめん豆腐」が木綿の部門で銀賞を受けた。
 大椙食品は寄せ・おぼろの部門で出展し、見た目と香り、味、食感で高評価を得た。岩手県産の青大豆と地元の天然水で仕上げており、豆本来の濃厚な味わいなどが特長。販売・営業担当の大椙広さん(32)は「同業者との接点にと参加した。結果に驚いている。来年は他の部門にも挑戦したい」と話した。
 豆腐屋おはらの店主小原直樹さん(57)は独学で豆腐作りを学び、厳選した国産大豆と天然にがりを使う。手間がかかる生しぼりの手法にこだわり、マメ本来のうまみを引き立たせている。10月に熊本県で開かれる全国大会へ進む。「各地の職人から大いに刺激を受け、さらにおいしい豆腐作りに生かしたい」と意気込む。
 東北大会は8月28日に仙台市の「とうほく元気とうふサミット」で開かれた。
 問い合わせは大椙食品 電話0247(33)3403、豆腐屋おはら 電話0242(85)2770へ。

福島民報社

最終更新:9/1(木) 11:25

福島民報