ここから本文です

【セントウルS】ビッグアーサー猛時計4F49秒5!

デイリースポーツ 9月1日(木)6時3分配信

 「セントウルS・G2」(11日、阪神)

 高松宮記念制覇以来の復帰戦となるビッグアーサーが8月31日、猛時計をマークした。栗東坂路で藤懸(レースは福永)を背に単走。序盤からスピードに乗ると、外ラチ沿いで軽快に四肢を伸ばす。最後は左ステッキが入る熱のこもった内容で、4F49秒5-36秒6-13秒1を刻んだ。

 この日3番目となる速いタイムに、藤岡師は「時計は出すつもりだったし、狙い通り。苦しくなったところで追っておいてと指示したし、前半も上手に我慢できていた」と納得の表情を浮かべていた。

最終更新:9月1日(木)7時34分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ