ここから本文です

マーク・ラファロが火を噴く!ゴボウで攻撃!まさかのバトル映像公開

シネマトゥデイ 9月1日(木)21時0分配信

 ジェシー・アイゼンバーグ主演映画『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』からマーク・ラファロをフィーチャーした本編映像が公開された。ラファロは火を噴き、ゴボウのような根菜で敵と戦う(!)という驚きのアクションを披露している。

映画『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』マーク・ラファロ本編映像

 イリュージョンを駆使して悪がせしめた大金を奪う犯罪集団フォー・ホースメンの活躍を描いた『グランド・イリュージョン』の続編となる本作。『アベンジャーズ』のハルク役などで知られるラファロが演じているのは、FBI捜査官でありながらもフォー・ホースメンに指示を送る謎多き男ディランだ。

 ダニエル・ラドクリフ演じる敵が取り巻きたちに「やれ」とけしかけるシーンから、ラファロVSラドクリフ軍団のバトルはスタート。屋台が連なるマカオのわい雑な通りを舞台に、ラファロは布からゴボウまで目に入るものは何でも武器にして大立ち回り! ジャッキー・チェンさながらのアクションに、本作ならではのイリュージョン要素がプラスされた見応えのあるシーンとなっている。

 ラファロ自身もこのシーンには「特に楽しんでもらえると思う。CGでは作れない、リアルさのある映像に仕上がっているよ」と満足げ。本作のさまざまなイリュージョンを“本物”でそろえることにこだわったジョン・M・チュウ監督は「CGを使えば、どんなイリュージョンだって簡単に描ける。でも、実際にそこに存在する質感を表現することは、観客が没入できるストーリーを描くため絶対欠かせないと思っていた。マークも、実際に炎を吐く技術を習得してくれたんだ」とラファロの体当たりの演技を称賛していた。(編集部・市川遥)

映画『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』は公開中

最終更新:9月1日(木)21時0分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。