ここから本文です

JAふくしま未来に畑わさび出荷再開支援で助成金 農林中金

福島民報 9月1日(木)10時31分配信

 農林中央金庫は8月31日、畑わさびの出荷再開に向けた資機材支援としてJAふくしま未来(本店・福島県福島市)に助成金を贈った。同金庫の地域復興プロジェクト支援の一環。
 伊達市月舘、霊山両地区は山林で畑わさびを栽培していたが、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故以降は出荷が制限されている。
 平地で栽培する技術確立に向けて苗や肥料などの購入費を上限500万円で助成する。
 贈呈式は同JA本店で行われ、農林中金の船本勝福島支店長が菅野孝志組合長に目録を手渡した。JAの安彦慶一、伊藤昌広両専務、数又清市、萩原嘉昭両常務も臨んだ。

福島民報社

最終更新:9月1日(木)11時31分

福島民報