ここから本文です

コミュニケーションロボBOCCOがAPI提供 追加サービス開発が可能に

アスキー 9月1日(木)17時0分配信

ユカイ工学は家族間のコミュニケーションをつなぐ見守りロボット『BOCCO』を機能を作成できるAPIを試験的に開発者に提供すると発表した。
 インターネット経由で音声やメッセージを自宅設置のロボとスマホアプリ間でやり取りできる家族間のコミュニケーションロボット『BOCCO』に、開発者が機能を追加できる“API”を試験的に提供すると、開発・販売元のユカイ工学が2016年9月1日に発表した。BOCCOユーザーの利便性の向上を目指して、プラットフォーム活用の可能性を広げることが目的。
 

 提供APIはBOCCOの“喋らせる機能”と“録音された音声の利用”。またBOCCOに付属するドアの開け閉めを知らせるドアセンサーや、今後開発するセンサー情報も利用可能だ。現在、“BOCCO ベータAPI 申し込み”を開設して、個人・法人問わず開発者の応募を募集している。
 
 APIの提供により、天気などの外部情報や電気使用量などの自宅情報をBOCCOに自由にしゃべらせるといったメッセージング以外の活用が可能になるとしている。
 
BOCCO
BOCCOベータAPI 申し込みサイト
 
文● ガチ鈴木/ASCII STARTUP

最終更新:9月1日(木)17時0分

アスキー