ここから本文です

韓国「慰安婦財団」拠出金10億円の入金を確認

WoW!Korea 9/1(木) 13:36配信

日本政府が昨年、日韓の旧日本軍慰安婦合意により「和解・癒やし財団」に拠出金10億円を入金したことが確認された。

 韓国外交部は1日、「財団側によると本日午前、国内取引銀行に入金されたことが確認された」と明らかにした。

 先立って日本政府は先月31日、財団の口座に10億円を送金しており、送金時点から入金が確認されるまではシステム的な問題で、通常1日かかることがわかった。
 
 10億円の拠出が実行されたことにより日本側の主要措置は事実上、ひと段落したものとみられる。

 財団は日本政府が拠出した10億円で死亡被害者に対し2000万ウォン(約180万円)、生存被害者に対し1億ウォン(約900万円)規模の現金を支給する事業などを行う予定だ。

 財団は今後、被害者面談を実施し、現金支給に対する公式的な声明と被害者の需要についても調査する方針だ。この過程で現金を一括もしくは分割で受け取るのかも把握することになる。

 財団は、日本政府が拠出した10億円ですべての被害者を対象にする象徴的な事業も行う計画だ。

最終更新:9/1(木) 13:36

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。